日々楽しく暮らしたい

気になること好きなことを好きな時に書き綴るそんな雑記ブログ

そんなことで心を痛めている場合ではないのである

お仕事での話です。
私の部署はそれなりに忙しい部署なんですが、この前異動があって人が抜けていきました。抜けていった人の仕事は、それぞれ分担して受け持っているのですが、私のところはこまごまとしてちょっとめんどくさい系のものが回ってきました。

 

そういうこともあって、隣の部署の人とかにちょくちょく「常に忙し感じだけど大丈夫?」とか「〇〇さん色々もってて大変じゃない?」とか言われたりしています。そんな中で今日も「仕事増える一方で全然減らないね」と声をかけていただいたんですが、そのあと「これからも大変は変わらないかもしれないけど、適度に息抜きしながら頑張ってね」と優しい言葉をかけてもらいました。
大変うれしいというか心配してくれてるんだなって思うんですけど、最近はちょっと心が痛くなります。

 

自分の中では、今の仕事を辞めることを決めていますが、まだ周りは誰も知りません。

 

だから別に悪いことをしているわけではないのですが、ちょっと良心が痛むというかなんというか。当たり前なんだけど、この人は私が辞めるなんて思ってもいないんだろうなって思うと少し申し訳ない気分に。人としてめんどくさい人も多いけど、いい人たちもいるんだなって改めて実感します。

 

だからといって、辞める気持ちはもう変わりませんが。
(むしろその後に上司としたやりとりでさらに辞めたい度がアップしています)

 

本当、あの時彼にああいう風に言ってもらってよかったなって思います。
その時の話は下のブログ参照ください。

etoyan.hatenablog.com

 

自分で環境を変えるしかないって頭ではわかってるつもりでいたのに、彼に言われるまでどうして行動ができなかったのだろう。今思うと不思議です。

 

たぶん、自分の生きたい生き方がようやく見つかったらだと思います。なりたい自分とか生き方とか、些細なことでもよかったんです。なんとなく思い浮かべてはいたけど、頭のどこかで、そんな風には生きてはいけないと思っていたんだと思います。ダメじゃないんだと、そういう風に生きてもいいんだと、それに気づけたのがこの時です。

 

だからとりあえず今は、誰かに何かを言われたとしても生きたい自分で生きていけるように、少しずつでもいいから動いていこうと思っています。そうすべては、日々楽しく暮らしていくために。

 

ということで今回はのへんで。